大津市歴史博物館

収蔵品・データベース

指定名称

崇福寺塔心礎納置品

よみ すうふくじとうしんそのうちひん

地区 滋賀
所有者 近江神宮
所在地 大津市神宮町
時代 奈良
分野 考古資料
指定区分 国宝
昭和13年(1938)崇福寺跡の調査において、三重塔跡の塔心礎に穿たれた小孔から発見された。四方に格狭間のある台を付けた金銅製の外箱、銀製の中箱、内側に瑠璃壺を安置するための受花をもつ金製の内箱と、その中に金の蓋をした高さ3.0cm、口径1.7cmの球形の瑠璃壺と三粒の舎利が納められていた。周囲からは、瑠璃玉・硬玉丸玉・金銅背鉄鏡・無文銀銭・水晶粒・銅鈴・金箔木片などが伴出しており、奈良時代の舎利の奉安状態が知られる貴重な遺品である。