大津市歴史博物館

大津の歴史データベース

大津の歴史事典

 分野:史跡   地区:長等

弘文天皇陵

こうぶんてんのうりょう

672年の壬申(じんしん)の乱で、天智天皇の弟・大海人皇子に敗れた大友皇子(天智の皇子)は、「山前(やまさき)」の地で自殺したと記録にある。皇子は、ながく天皇と認められなかったが、明治3年(1870)ようやく弘文天皇とおくり名され、死地とされた長等山麓の塚が陵墓とされた。

交通アクセス

京阪電車石坂線別所駅下車、徒歩5分、市役所西側

関連事項

大津京跡 


弘文天皇陵