大津市歴史博物館

展示・イベント

れきはく講座・講演会


企画展「膳所城と藩政」関連講座
膳所城と粟津晴嵐の景観について
平成30年4月7日(土)
 14:00〜15:30
企画展「膳所城と藩政」関連講座
膳所縁心寺文書を読む−藩主の菩提所とその史料−
平成30年4月14日(土)
 14:00〜15:30
第714回れきはく講座
【現地見学会】なぎさ公園を探検!
平成30年4月21日(土)
 13:30〜15:30
ミニ企画展「大津絵 れきはく蔵出し展」関連講座
大津絵における画題の大衆化(キャラクター化)
平成30年5月12日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「大津絵 れきはく蔵出し展」関連講座
大津絵と又平伝説について
平成30年5月19日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「大石の山の神」関連講座
大石周辺の山の神
平成30年6月30日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「大石の山の神」関連講座
近江の山の神について【中止】
平成30年7月7日(土)
 14:00〜15:30
第719回れきはく講座
龍骨図と龍骨について(対談)
平成30年7月21日(土)
 14:00〜15:30
第720回れきはく講座
【現地見学会】紀楳亭めぐり 史跡と作品
平成30年8月16日(木)
 13:30〜16:30
ミニ企画展「百間堤」関連講座
江戸時代の百間堤の普請と地域社会
平成30年9月8日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「百間堤」関連講座
百間堤関連の古文書を読む
平成30年9月15日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「百間堤」関連講座
滋賀は近代砂防の発祥の地、滋賀の近代砂防の歩みとその特性
平成30年9月22日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「百間堤」関連講座
百間堤をめぐる気候変動と自然災害
平成30年9月29日(土)
 14:00〜15:30
企画展「60年前の大津」関連講座
市制60周年記念誌『還暦』をよむ
平成30年10月13日(土)
 14:00〜15:30
企画展「神仏のかたち―湖都大津の仏像と神像―」関連講座
神像入門 ―日本の神々とその造形―
平成30年10月20日(土)
 14:00〜15:30
企画展「神仏のかたち―湖都大津の仏像と神像―」関連講座
釈迦と弥勒の美術 ―ガンダーラから日本へ―
平成30年10月27日(土)
 14:00〜15:30
企画展「60年前の大津」関連講座
建物でたどる大津市の120年
平成30年10月28日(日)
 14:00〜15:30
企画展「神仏のかたち―湖都大津の仏像と神像―」関連講座
仏像・仏画のサインとデザイン
平成30年11月3日(土)
 14:00〜15:30
企画展「神仏のかたち―湖都大津の仏像と神像―」関連講座
大仏師湛慶の仏像とその周辺
平成30年11月10日(土)
 14:00〜15:30
企画展「神仏のかたち―湖都大津の仏像と神像―」関連講座
仏師の実像―すがた・いのり・くらしー
平成30年11月17日(土)
 14:00〜15:30
ミニ企画展「和邇・真野地域の古墳」関連講座
【現地見学会】 曼陀羅山周辺の古墳めぐり
平成30年12月1日(土)
 13:00〜16:30

> これまでの講座・講演会の一覧


れきはく講座・講演会

企画展「膳所城と藩政」関連講座(第712回れきはく講座)
膳所城と粟津晴嵐の景観について
講師:横谷 賢一郎(本館学芸員)

平成30年4月7日(土) 14:00〜15:30

 近江八景のひとつに粟津晴嵐があります。この情景は、膳所城と旧東海道の粟津の松並木がセットで描かれることが画題の定番表現となっています。そして、この粟津晴嵐が、近江八景の中では最も往時の姿が失われている情景なのです。本講座では、様々な絵画作品や写真資料から、往時の膳所城の姿や粟津の松並木の規模などを推定して解説します。〔定員100名〕
【申込締切】3月28日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「膳所城と藩政」関連講座(古文書講座)(第713回れきはく講座)
膳所縁心寺文書を読む−藩主の菩提所とその史料−
講師:高橋 大樹(本館学芸員)

平成30年4月14日(土) 14:00〜15:30

 慶長7年(1602)、本多家の菩提所として三河国西尾に建立された浄土宗縁心寺は、元和3年(1617)の近江膳所への移封に伴って現在の地に移転し、その歴史が積み重ねられてきました。本講座では縁心寺に残る古文書・古記録を読みながら、寺史や膳所藩主との関係などについて考えます。〔定員100名〕
【申込締切】4月4日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


第714回れきはく講座
【現地見学会】なぎさ公園を探検!
講師:木津 勝(本館学芸員)

平成30年4月21日(土) 13:30〜15:30

 琵琶湖を一望にのぞむ「大津なぎさ公園」を、浜大津から石場まで、ゆっくりと2時間かけて歩きます。このあたりの湖岸は、明治・大正・昭和・平成と埋め立てられ、現在に至ります。当日は、古い地図や写真を手がかりに、昔の湖岸が分かる場所にも立ち寄りながら、湖岸沿いに今も残る埋め立ての痕跡を探します。〔定員50名〕
【申込締切】4月4日(水) 【参加料】500円(カード会員割引はありません)申込について


ミニ企画展「大津絵 れきはく蔵出し展」関連講座(第715回れきはく講座)
大津絵における画題の大衆化(キャラクター化)
講師:横谷 賢一郎(本館学芸員)

平成30年5月12日(土) 14:00〜15:30

 大津絵の画題は110種類以上に上りますが、オリジナルの画題もあれば、通常の職業絵師が手掛ける一般的な画題も扱っています。いずれの画題も、大津絵独自のアレンジや造形の変容が加わってユニークなキャラクター化を達成しています。本講座では、その画題の大津絵化について解説します。〔定員100名〕
【申込締切】5月2日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「大津絵 れきはく蔵出し展」関連講座(第716回れきはく講座)
大津絵と又平伝説について
講師:鈴木 堅弘 氏(京都精華大学特別研究員)

平成30年5月19日(土) 14:00〜15:30

 街道の名産・大津絵を全国区のメジャーな存在に押し上げた要因のひとつに、近松門左衛門による浄瑠璃の戯曲『傾城反魂香』が上演されヒットしたことが挙げられます。反魂香では、浮世又平という架空の大津絵師が主人公として登場し、かつ大津絵の精が紙から抜け出て実体化し、敵方と丁々発止して大活躍する場面が描かれます。本講座では、その又平をめぐる解説と共に新説を披露します。〔定員100名〕
【申込締切】5月9日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「大石の山の神」関連講座(第717回れきはく講座)
大石周辺の山の神
講師:和田 光生(本館副館長)

平成30年6月30日(土) 14:00〜15:30

 山の神は、かつての暮らしと深く結びついて信仰されてきた神様です。電気やガスが普及する以前、燃料は山野に依存していましたし、多くの恵みを山からいただいて暮らしていました。ただ、山は里とちがって危険な場所でもありました。人々は、こうした身近な山に神が坐(い)ますと考え、山の恵みと安全を祈るため山の神を祀ってきたのです。その伝統は、今も各地に残されています。
市内南部の大石地区も、かつて山稼ぎが盛んな地域でした。そして今も正月3日に山の神祭りが各地で行われています。この講座では、山の神祭りの現在と、地域に残る資料からその変遷を紹介したいと思っています。〔定員100名〕
【申込締切】6月20日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「大石の山の神」関連講座(第718回れきはく講座)
近江の山の神について【中止】
講師:和田 光生(本館副館長)

平成30年7月7日(土) 14:00〜15:30

 山の神といっても、その祀り方は様々です。市内に残る山の神を見ても、隣接する地域であっても、行事内容が少しづつ違っています。民俗学で近江の山の神というと、男女の人形を祭場に供えて五穀豊穣を祈る行事が知られていますが、実際は様々な行事内容が見られるのです。祀る時期も、多くは正月ですが、夏場に山の神を祀る地域もあります。ここでは、県内のいくつかの山の神祭りを紹介しながら、その諸相を考えてみます。〔定員100名〕
【申込締切】6月27日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


第719回れきはく講座
龍骨図と龍骨について(対談)
講師:伊藤 謙 氏(大阪大学総合学術博物館特任講師)・横谷 賢一郎(本館学芸員)

平成30年7月21日(土) 14:00〜15:30

 文化元年(1804)、膳所藩領の伊香立南庄村で村民が未知の化石を発掘しました。その化石は話題となり、藩が当時の大学者を招聘して「龍骨」だということになりました(正体は古代象の一種、トウヨウ象)。たしかに、龍骨図を見ると、化石はいかにも龍のように組み合わされています。先日、その化石の調査が国立科学博物館で行われ、現存化石による組合せの検討がなされました。その所見を、龍骨図と比較しながら解説します。〔定員100名〕
【申込締切】7月11日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「紀楳亭 ほのぼの文人画ワールド」関連講座(第720回れきはく講座)
【現地見学会】紀楳亭めぐり 史跡と作品
講師:横谷 賢一郎(本館学芸員)

平成30年8月16日(木) 13:30〜16:30

 与謝蕪村の弟子、紀楳亭は、天明8年(1788)の京都大火に焼け出されて現在の長等2丁目の借家に疎開し、大津の人々と親しく交流を結び、文人画と俳諧にいそしみました。今回は楳亭ゆかりの長等・小関の地域のなかで、楳亭の史跡を巡りながら、ご当地に伝来した作品の数々を観賞します。〔定員50名〕
〔コース予定〕紀楳亭寓居跡光徳寺→徳圓寺虫干し観覧→紀楳亭墓碑→清水屋呉服店→歴史博物館(解散)
※解散後、希望される方にミニ企画展をご案内します(要観覧券)
【申込締切】8月1日(水) 【参加料】500円(カード会員割引はありません)申込について


ミニ企画展「百間堤」関連講座(第721回れきはく講座)
江戸時代の百間堤の普請と地域社会
講師:高橋 大樹(本館学芸員)

平成30年9月8日(土) 14:00〜15:30

嘉永5年(1852)、近江国滋賀郡大物(だいもつ)村(現、大津市大物)の四つ子川に沿って築造された通称「百間堤(ひゃっけんづつみ)」は、度重なる水災害から集落域を守るため最終的な完成をみたといわれています。しかし、大物区に残る古文書や古記録を読み解いていくと、江戸時代前期から幾度となく普請(工事)が繰り返されてきたこともわかります。今回の講座では、百間堤をめぐる大物村やその周辺地域との関わり、また領主(幕府・大名)の対応などについてお話します。
【申込締切】8月29日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「百間堤」関連講座(第722回れきはく講座)
百間堤関連の古文書を読む
講師:高橋 大樹(本館学芸員)

平成30年9月15日(土) 14:00〜15:30

 ミニ企画展「百間堤」に関連した特別古文書講座です。大物地区の大規模砂防設備「百間堤」に関する江戸時代の古文書を読み解きます。1字1字の細かい解読はしませんが、堤普請や水災害、さらに江戸時代の村の古文書を読み解く上でのポイントについてお話しします。
【申込締切】9月5日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「百間堤」関連講座(第723回れきはく講座)
滋賀は近代砂防の発祥の地、滋賀の近代砂防の歩みとその特性
講師:上野 邦雄 氏(前滋賀県砂防課長)

平成30年9月22日(土) 14:00〜15:30

 滋賀は近代砂防の発祥の地です。特に瀬田川、大戸川が流れる大津市域は、近代砂防の発祥の地の舞台と言っても過言ではありません。近代砂防の歴史と滋賀県における砂防の歩みを追いながら、「滋賀の特性、大津市域の特性」を考えます。河川や砂防、治山等の多面的な視点から、また、近世(広義の近代)の歩みから、テーマにアプローチします。
【申込締切】9月12日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「百間堤」関連講座(第724回れきはく講座)
百間堤をめぐる気候変動と自然災害
講師:鎌谷 かおる 氏(立命館大学准教授)、佐野 雅規 氏(早稲田大学講師)

平成30年9月29日(土) 14:00〜15:30

 江戸時代の湖西地域では、降水量の増加による琵琶湖水位上昇や河川の洪水に多くの人々が悩まされていました。本講座では、古気候学と歴史学の異分野融合研究によって明らかになった江戸時代の湖岸の村々の生活と自然との関わりについてお話しします。講師2人による45分ずつの連続講演です。
[前半]水害の乗り越え方と向き合い方 ‐大物地域を事例に‐(鎌谷氏)
[後半]気候変動と近江のひとびと ‐水害と水稲生産力‐(佐野氏)
【申込締切】9月19日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「60年前の大津」関連講座(第725回れきはく講座)
市制60周年記念誌『還暦』をよむ
講師:木津 勝(本館学芸員)

平成30年10月13日(土) 14:00〜15:30

 昭和33年(1958)、市制60周年の節目を迎えた大津市は、記念誌『還暦』を発行しました。この本には、これまでの大津市のあゆみや、高度経済成長期を迎えて変貌する最新の市内の様子が、豊富な写真や市民の言葉で綴られています。講座では記念誌に紹介された写真や文章を中心に、昭和30年代の大津のまちや暮らしの様子を振り返ります。
【申込締切】10月3日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「神仏のかたち ―湖都大津の仏像と神像―」関連講座(第726回れきはく講座)
神像入門 ―日本の神々とその造形―
講師:山下 立 氏(滋賀県立安土城考古博物館学芸員)

平成30年10月20日(土) 14:00〜15:30

 これまで神秘のヴェールに閉ざされていた日本の神像彫刻。その一端が近年、次第に明らかになってきました。この講座では、神像彫刻の成立から展開をたどりながら、僧形神、男神、女神、童形神、武装神、神使形神、習合神、人物神など、多彩な神々を取り上げ、それぞれの持つ意味を考えます。あわせて、神像と仏像との共通性、異質性をはじめ、簡素化、柱状化、頬にあざをもつ像など、神の造形をめぐる諸問題に切り込んでゆきます。
【申込締切】10月10日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


 
企画展「神仏のかたち ―湖都大津の仏像と神像―」関連講座(第727回れきはく講座)
釈迦と弥勒の美術 ―ガンダーラから日本へ―
講師:外山 潔 氏(泉屋博古館上席研究員)

平成30年10月27日(土) 14:00〜15:30

 仏教の開祖である釈迦と、その後を継いで仏となる弥勒に対する信仰は古くから盛んでした。その結果、釈迦に関する美術としては、礼拝以外にも遺骨を納めた仏舎利容器なども作られました。また弥勒関連でも、菩薩形で思惟する姿や将来仏として降臨する姿の像など、多種多様な造形が生み出されていきました。ここでは、仏像発祥の地ガンダーラから中国、朝鮮に至る釈迦と弥勒の形を日本の作品と比較し、違いや共通点をご紹介します。
【申込締切】10月17日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「60年前の大津」関連講座(第728回れきはく講座)
建物でたどる大津市の120年
講師:木津 勝(本館学芸員)

平成30年10月28日(日) 14:00〜15:30

 明治31年(1898)の市制施行から120年の節目を迎えた大津市の姿を振り返る素材として、大津にかつてあった建物を取り上げます。市役所などの公共建築をはじめ、市内には銀行・旅館・商店など、さまざまな建物がありました。講座では、これらの写真を見ながら、120年の移り変わりの一端を振り返ります。
【申込締切】10月18日(木) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「神仏のかたち ‐湖都大津の仏像と神像‐」関連講座(第729回れきはく講座)
仏像・仏画のサインとデザイン
講師:米屋 優 氏(あべのハルカス美術館副館長)

平成30年11月3日(土) 14:00〜15:30

 サインとは何事かを表す印、記号、仕草などのこと、デザインとは伝えたい内容をよりよく伝えるための工夫のこと。仏像・仏画は仏教の教えを伝え広めるために作られた彫刻・絵画です。そこには主題に基づくサインが記され、よりよく教えを伝えるためのデザインがあります。サインやデザインを手掛かりにすれば、ちょっととっつき難そうな仏像・仏画も親しみ深いものに感じられるでしょう。今回の話はその入門編です。
【申込締切】10月24日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「神仏のかたち ‐湖都大津の仏像と神像‐」関連講座(第730回れきはく講座)
大仏師湛慶の仏像とその周辺
講師:植村 拓哉 氏(元興寺文化財研究所研究員)

平成30年11月10日(土) 14:00〜15:30

 湛慶は運慶の長子として生まれ、次代の慶派工房を担った仏師です。比較的早くから運慶の小仏師として、あるいはともに大仏師として造仏に参加し、運慶を眼前にしてその作風や発展していく構造技法を学び、彫技を磨いたと考えられます。代表作たる蓮華王院(三十三間堂)本尊千手観音坐像などのモニュメンタルな遺例の存在もあり、鎌倉時代の彫刻史を考えるうえで見逃せない人物といえるでしょう。講座では、湛慶とその周辺の作例を眺めながら、仏像や仏師の理解を深めていきたいと思います。
【申込締切】10月31日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


企画展「神仏のかたち ‐湖都大津の仏像と神像‐」関連講座(第731回れきはく講座)
仏師の実像―すがた・いのり・くらしー
講師:杉ア 貴英 氏(帝塚山大学准教授)

平成30年11月17日(土) 14:00〜15:30

 平安から鎌倉時代にかけて、たくさんの木彫仏が生み出されました。それらを作った仏師は、どんな姿をしていたのでしょう? 彼ら自身の信仰を、うかがうことは出来るのでしょうか? はたらく様子や仕事の報酬、家族や住まいはどうでしょう? この講座では、仏像の銘文や納入品、文献史料や絵画・説話なども手がかりに、仏師の姿・信仰・生活を探ります。
【申込締切】11月7日(水) 【参加料】500円(カード会員 250円)申込について


ミニ企画展「和邇・真野地域の古墳」関連講座(第732回れきはく講座)
【現地見学会】 曼陀羅山周辺の古墳めぐり
講師:福庭 万里子(本館学芸員)

平成30年12月1日(土) 13:00〜16:30

 和邇・真野地域に多数造られた古墳の中で、曼陀羅山周辺に残る古墳を歩いて見学します。コースは、JR小野駅→唐臼山古墳(小野妹子神社境内)→和邇大塚山古墳(曼陀羅山の山頂)→曼陀羅山古墳群→JR小野駅解散を予定しています。行程は全て徒歩(約8km)で、曼陀羅山に登り、尾根筋に沿っての山歩きを含みます。〔定員50人〕
【申込締切】11月14日(水) 【参加料】500円(カード会員割引はありません)申込について


申込について

  • 各講座は事前申込制です。
  • ハガキで歴史博物館までお申し込み下さい。
    申込の際には、希望する講座名と日付、参加ご希望の方の郵便番号・住所・氏名・電話番号を必ずお書きください。1枚のはがきで、複数の講座申し込みができます。ご希望の講座全てをお書きください。
  • 応募締め切りは開講日によって異なりますのでご注意ください。
  • 締切日以降に、講座の参加証を発送します。定員を超える場合は抽選し、その結果を通知します。
  • 各講座は参加費・実費(資料代など)が必要です。
  • 諸般の事情により、各講座・教室は、中止あるいは内容が変更されることがあります。